セキララライフ

うつ病で死にたがりな学生の嘆きを書き綴る

生きていることが苦痛にしか感じられない

ブログを書く体力や精神力はなく

ただ単純に自分の思考のはけ口になればいいかなと。

 

ここ数日前からのどの圧迫感、耳の下の顎とのどの境目辺りのシコリがかなり精神的にダメージを与え続けている。

 

首の圧迫感などは、自律神経の乱れらしい。

まあうつ病の人が自律神経が乱れておるのは当たり前といえば当たり前か。

 

でもどうしていいのかがわからない。

いや、どうしたいのかもわかっていない。

自分の病気が治るように思えなくなってしまっているし、治そうという意思自体が持てなくなってしまってきている。

人生に対して諦め、投げやり、やるせなさを強く感じてしまっている。

 

生きていく希望が見いだせない限り、自分の辛く苦しい状態を乗り越えようと思えないのではないか。

自分が何をしたいのかわからない、何が好きなのかすらわからない。

ただ、この状態が持続してしまうことが苦痛に感じている。

苦しみから逃れる手段としての自殺が心からの叫びとして聞こえてくる。

 

どうしたら自分は救われるのか。

どうしようもないのは病気のせいか、自分自身の性質か、それとも家庭環境か。

自分の問題点、苦しめている要因はなんだ?

その中で自分で変えられるものはなんだ?

 

いつまで耐えればいいんだ、教えてくれ。